オーダーから完成まで

TOP > オーダーから完成まで

オーダースーツ完成までの流れ

東京・神楽坂に店舗を構えるオーダースーツ専門店「サルトリアロッソ」では、高精度の採寸・縫製技術で、一人ひとりにぴったりフィットする世界に1着のスーツをお仕立てします。こちらでは、オーダースーツ完成までの流れをご紹介します。

STEP1.オーダー方式を決める

当店では、「フルオーダー(仮縫いつき)」と「パーソナルロッソメイド(イージーオーダー)」の2つのオーダー方法を承っています。ご希望に合わせてお選びください。

STEP2.生地を決める

イタリア・イギリス製のものを中心に、厳選された生地を多数取りそろえています。着用するシーンや用途に合わせて、お好みの生地をお選びください。

STEP3.デザインを決める

ジャケット・パンツの基本的なシルエットやデザインから、ボタンの種類や素材、ラペル(衿)の形状など、細部までこだわりのデザインをお決めください。

STEP4.裏地を決める

普段は見えない裏地にまでこだわれるのはオーダーメイドならでは。裏地用の生地も豊富な色・柄を取りそろえていますので、お気に入りのものをお選びください。

STEP5.採寸

オーダースーツは採寸が命。ここでの精度が仕上りを大きく左右します。当店では、専門知識を持つフィッターが、お客様一人ひとりの体型寸法(首周り、胸周り、胴回り、肩巾など)細かく正確に採寸します(※)。

※体型に合ったスーツを作るために30箇所採寸します。

STEP6.型紙作成

採寸で取った詳細な体型寸法から、型紙を作成します(※)。

※フルオーダーの場合。パーソナルロッソメイドの場合は、百数十種類の型紙のなかから近いものを選び、
寸法に合わせて調整します。

STEP7.地のし

霧状の水を服地にふきつけアイロンをかけることにより、服地をあらかじめ縮ませます。この工程により仕上がり後の縮みによる型崩れを防ぎます。

STEP8.裁断

提携している国内数ヶ所の縫製工場のなかから、それぞれのオーダーに最適な工場を選定し、製作に取りかかります。まずは、型紙をもとに丁寧に生地を裁断していきます。

STEP9.仮縫い1回目(※フルオーダーのみ)

裁断生地を仮留めした状態のスーツをご試着いただき、寸法のズレやシワがないか、また、デザインがお客様のイメージ通りになっているかなどを確認していただきます。お客様の普段の姿勢などによってもシワのでき方は変わるため、ここでしっかりと確認したうえで調整します。

STEP10.縫製

国内外の有名ブランドの縫製も行っている提携工場にて縫製を行います。

STEP11.仮縫い2回目(フルオーダーのみ)

70~80%程度できあがった段階で2度目の試着をし、最後の調整を行います。その後、仕上げに入ります。

STEP12.プレス

それぞれの生地・素材に適した条件でアイロン掛けを行い、お客様の体型に合わせたシルエットの最終調整を行います。

STEP13.検針・検品

完成後、入念に検針・検品作業を行います。

STEP14.フィッティング(試着)

店舗にて最終的な試着をしていただき、問題がなければお引き渡しとなります。パーソナルロッソメイドも通常の縫製よりも縫い代を多くとっているため再度調整が可能です。ご納得いただくまでフィッティングを繰り返し、お引き渡しとなります。

オーダー方法・料金・納期などお問い合わせはこちらより承ります。