FRATELLI TALLIA DI DELFINO

TOP > コダワリ生地コラム > 生地について > FRATELLI TALLIA DI DELFINO

FRATELLI TALLIA DI DELFINO

 

 

 

 

 

 

 

 

イタリアのビエラ地方のミルで

「エルメネジルド・ゼニア」「ロロピアーナ」と並び

世界3大ミル(毛織物工場)とも称される

「フラッタリ・タリア・ディ・デルフィノ」です。

知名度では先の2ブランドが勝りますが

本場イタリアで非常に人気の高い生地ブランドで

業界関係者からも好評価を得ています。

また、普段オーダースーツを着ているビジネスマンの方から

「デルフィノ」置いてありますか?と質問される事もあり

まさに知る人ぞ知る高級生地ブランドです。

そんな「デルフィノ」の特徴ですが、

まずは高番手のウールやカシミアなどを用いるという所です。

高番手とは、SUPER120’s〜SUPER150’sの生地で。

数字が高くなれば高くなるほど細い糸を使っているという事で

生地が柔らかく、着心地が良くなります。また、上品な艶が出ます。

原毛はと言いますとオーストラリアの

メリノ種という羊毛(メリノウール)など

原毛から高級な素材を使い、生地を織っていきます。

ここまで高級な素材をふんだんに使うと

シワになりやすかったりといった耐久性の面で

心配になりますがこの点も「デルフィノ」の特徴で

イタリア生地らしい風合いがあるにも関わらずコシがあり丈夫な

生地に仕上がっています。

バリバリ働くビジネスマンの方に高級な見た目と丈夫な耐久性は

当店でもオススメのブランドとして

ご提案させていただいております。

本場イタリアの人気ブランドの「デルフィノ」で

オーダースーツをお仕立ていたしませんか?

 

 

 

 

戻る